メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真41

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2019年春夏「デフィレ」コレクションが、フランスパリで発表された。6月にメンズ初のオートクチュールとなる「アーティザナル」コレクションを展開したブランドは、今季メンズウィメンズの新作を合同で紹介。しかし、いわゆる合同ショーとは一線を画した性差を全く感じさせない「フリュイド」というコンセプトのもとに行われている。

カテゴライズを辞めることで到達する新しい思想

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真14

ジョンガリアーノが目指したのは、男性女性あるいはLGBTなど、ジェンダーをカテゴライズする考えから解き放たれた新しい思考。 そもそもカテゴライズする必要が本当にあるのか…と問いを進めた彼は、新しい時代のマニュフェストを投じる。一番大切なことは、互いに認め合い尊重しあうことではないのか?と問題定義をした彼は「想像力」の大切さを訴えかける。

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真30

表と裏を逆にした「インサイドアウト」手法をアイコニックに取り入れ、繰り返し洋服作りを行ってきたブランドからすると、表と裏という区別そのものを拭いさるような、斬新なアイデアである。

ジェンダーの区切りとは?

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真10

ランウェイには男性女性のモデルが登場するが、従来の考えとは全く逆転させ、メンズモデルが女性性の強いものを、ウィメンズモデルが男性性の強いものを着用することで「フリュイド」の考えをより際立たせた。これは男性服?女性服?という問いから観客が放たれ、洋服そのものに着目するように仕向けたのだ。

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真7

紳士服として誕生した、いわゆる男性性の強いテーラードジャケットは、ケープシルエットに変化させることでそのアイデンティティを捨て去る。プリーツドレスは、メンズモデルが着用することでケープにも、新しいシャツにも解釈することができ、フェミニニティと距離を置いた、全く新しい洋服として新しい命を宿している。

「想像力」を搔き立てられるアイデア

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真4

洋服そのものにも「想像力」を搔き立てられるアイデアが満載だ。シェイプはスカートの形をしているが、襟がついていたり視覚的にはジャケットにも捉えることのできるピース。後ろにはボックスプリーツが施されていて、ますますトップスなのかボトムスなのかその境目を曖昧にする。

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真40

テーラードのコートは、アウターとしての主張を強めるベルトをベルクロに変更することで、ドレスのようにもみえる新しい表情を引き出した。ジャケットにはスリットを配すことで、着こなしによってはノースリーブトップスにも変化。また、トレンチコートはアームの後ろのスリットから、中に来たインナーを外に出すことができるようになっていて、アウターインナーの関係性に新しい形を作り出した。

メゾン マルジェラ 2019年春夏コレクション - 区別は必要なのか|写真38

ジョンガリアーノが就任以来、女性の美しさを象徴する言葉として使用してきた「グラマー」のアイデアは、今季ノマディック グラマーへと進化。その考えを象徴するピースはダウン風スカーフだ。ダウンジャケットの身頃を大胆にカットアウトしてそのまま首に巻き付け、ストールへと変身させた。枠にとらわれず、現実と非現実の狭間、そんな視覚的にとらえることの難しいものをファッションに落としこんだピースであるという。