サイ(Scye)が発表した、2016年春夏コレクション。リラックスウェアをクラシックなテーラリングテクニックで仕立た、特別な「日常着」がラインナップした。

これまでクラシックな英国式のテーラリングをベースに、独自の表現をしてきたサイ。そのテクニックは今シーズン、メンズウィメンズともに、着心地柔らかで、涼しげな素材の上で生かされている。ホワイト、グレー、ネイビー、ベージュといった、ベーシックな色合いで彩り、ミリタリーやワークの要素を取り入れながら。

中でも特にテーラードの技術を体感できるのが、メンズのアイテムだろう。ただし素材でリラックス感を加えることで、決して「ベーシック」の一言では片付けられない、独特の抜け感を演出している。例えばループウィラー(LOOPWHEELER)との初コラボレーションで製作したテーラードジャケットにはスウェット素材を、ブレザーには軽く柔らかいシャツ生地を用いて。ワークスーツは柔らかなパジャマ仕立てだ。

一方のウィメンズでは、ツイルを使用したミリタリージャケットや、メンズライクなバンドカラーシャツなど、マニッシュなスタイルが散見される。またリネンで仕立てたボリューム感のあるギャザードレスブラウスなど、軽やかなアイテムもラインナップ。フェミニンさとマスキュリンなイメージの交わる、ミックススタイルを展開した。