サンローラン

A.P.C.(アーペーセー)の2014 -15年秋冬コレクションの目玉は、何と言ってもカニエウェストとのコラボレーションの第2弾だろうサンローラン モノグラム コピーデニム、ミリタリーの2本柱で構成されたコレクションは一見では非常にシンプルに見えるが、良く観察すると服好きなら思わずニヤッとしてしまう素敵なギミックが隠れているとくに後ろ側に

 

例えば、スウェーデンのM69をモチーフにしたミリタリージャケット同系色のミリタリーパンツと合わせた正面からのルックは、夜道で絶対に合いたくないハードコアな風貌だが、ジャケットの後ろ側のヘムにはファーのインナーがひょっこり覗いている1940年代のワークシャツの“ガチャポケ”のディティールが目を惹くデニムシャツは、フロント周りはちょっと洗練されたビンテージ風の雰囲気だが、後ろのヘムにはホワイトのパイピングが施されているこれだけで一気に洗練された雰囲気になるから不思議だ

ティンバーランドのイエローブーツと最高のマリアージュを奏でる自然な色落ちのデニムパンツは、太もも周りをやや緩めにして膝上に弛みを持たせた今までにないバランスに仕上げている90年代初頭のJクルーを連想させるユルい雰囲気のベージュのニットも、今の気分にぴったり合致する
 ファーストコレクションはジーンズ、Tシャツ、フードパーカーのカプセルコレクションだったが、今回のセカンドコレクションは日本でもフルラインで展開する予定(シューズは除く)心して待たれたし

 

一方のメインラインは、時代を牽引してきた人物のプライベートなスタイルにインスピレーションを受けているその人物とは、イヴサンローラン、サミュエルべケット、マルセルプルースト、マークジェイコブス、カートコバーンの5人だシンプルなデニム、シャツ、カーディガンをタイドアップしてスウェードのブルゾンを羽織ったスタイル、ネイビーのスーツにコートを肩掛けしたスタイルは、サンローランにインスパイアを受けたもの象徴的な長方形の眼鏡「Maison Bonnet」も、しっかり作り込んでいる

サミュエルべケット、マルセルプルーストをイメージしたコレクションは、コートがポイントムートンのファーのコートはサミュエルの渋みのあるスタイルを連想させるスマートにシャツとニットを着こなしたスタイルは、マークジェイコブスの日常をイメージしたものネルシャツにダメージデニムのルックは、言うまでもなくカートコバーンにオマージュを捧げたものだサンローラン 偽物

Text by Kaijiro Masuda(FASHION JOURNALIST)